大人の矯正に小顔効果はあるの?

大人の矯正に小顔効果があるという情報は、少なからずあります。
きれいな歯並びと小顔が同時に手に入れば確かに嬉しいですよね。
しかし、歯科矯正に本当にそのような効果はあるのでしょうか?
本来の矯正の役割と「小顔効果がある」といわれる理由について解説します。

本来の矯正の効果と目的とは

本来、大人の矯正の目的に小顔効果は含まれません。
それでは本来の効果と目的は何でしょうか。

大人の矯正の目的は、歯並びを整えることです。
お子さまの矯正治療には顎の成長のコントロールという輪郭に関与する治療が含まれますが、大人は矯正器具のみでそれを行うことはできません。
顎の成長はピークを終えた12歳頃から、変化がなくなってしまい、成長を利用して顎の方向をずらしたり整えたりすることができなくなってしまうからです。
そのため、大人の矯正器具を用いた矯正の目的は「歯の位置を整えること」になります。矯正治療によって、機能的にも審美的にも健康で美しい歯並びを得ることが本来の目的です。

大人にとっての
骨格性の矯正とは

大人にも骨格の矯正方法がないわけではありません。
大人に骨格矯正である、えらを削ったり、前突した顎を下げる治療を行う場合は外科処置として治療します。
輪郭だけでなく、かみ合わせや歯並びにも注意が必要なため、歯科と美容外科が連携して行うことの多い治療です。
身体や生活に対する負担も大きいため、この処置に踏み切るかどうかは慎重に判断したほうが良いでしょう。
ほとんどの場合、全額負担の自費診療で行いますが、顎変形症などの疾病と診断されると保険内で治療できる場合もあります。

大人の矯正で小顔効果が
期待できる方

ご説明したとおり、本来であれば大人の輪郭の矯正は外科処置が必要ですが、歯の矯正だけで小顔効果が感じられる方も一部にいらっしゃいます。
では、どのような方がそのような効果を感じられるのでしょうか。

かみ合わせ不良により
咬筋が発達している

大人の矯正で小顔効果のあるのは、かみ合わせが悪いせいで咬筋というえらのあたりが発達している方です。
かみ合わせが悪いとかみしめなどをしてしまうため、噛むときに使う筋肉が発達してしまうのです。
このような方は矯正により歯並びとかみ合わせが整うことで力がかかり過ぎることがなくなり、咬筋の過剰な発達が抑えられます。
その結果、小顔効果が感じられるケースがあります。

親知らずがある

親知らずがあると下ぶくれのような輪郭になることがあります。
これは親知らずがはえている歯槽骨という骨が、親知らずがない方より張り出しているからです。
親知らずを抜けば親知らずがはえていた部分の歯槽骨は吸収するため、結果的に小顔に見えることがあります。
俳優さんがやせこけた役を演じるために歯を抜くことがあるのはこのためです。歯を失い入れ歯になった高齢者の輪郭が痩せるのと、理論的には同じです。

親知らず

その他、歯性の歯並びの悪さが
輪郭に影響している

歯性の出っ歯などの方は、矯正で歯が後ろに下がることにより口元の形が整い、結果的に小顔に見えることがあります。
劇的に頬や顎の輪郭が変わるわけではありませんが、全体的な印象としてそう見える可能性があります。
また、歯並びにガタつきがあって一部が飛び出している方(八重歯など)も、輪郭が整い、小顔効果というよりも、きれいなフェイスラインに見えるという効果はあるでしょう。

しっかりと小顔効果を
得たいならボトックスという
選択肢も

大人の矯正で小顔効果が期待できる方もいらっしゃいますが、確実な効果を約束できるものではありません。
では、歯科で確実に小顔効果がある治療法はないのでしょうか。

ボトックス治療は歯科でもできる

近年、歯科でもお口の周り限定でボトックス治療が受けられるようになりました。筋緊張がある顎関節症などの症例に使用されています。ボトックスを咬筋(えら)に打つと、筋肉の緊張と発達が抑えられ、小顔になる効果があります。

力の入り過ぎによるしわなどの改善も

ボトックスは力の入り過ぎによるお口周りのしわにも効果があります。またガミースマイル(笑ったときに歯ぐきが大きく露出すること)やオトガイ(顎先)の梅干ししわ、輪郭などの改善もできるため、お口周りの審美的なお悩みがある方はご相談ください。

まとめ

歯科での大人の小顔効果はあくまで歯並びを治したことによる副産物です。
歯の位置を整え、より良いかみ合わせで精神的にも肉体的にも健康的な生活を送れるようにするのが、本来の歯科矯正の目的です。しかし、お悩みや口腔内の状況によっては、小顔効果があるケースもあります。
ボトックスなどその他の治療も視野に入れながら、まずはかみ合わせや歯並びを整えることを目的に歯科矯正を考えてみてはいかがでしょうか。
嬉しい副産物としての小顔効果が得られるかもしれません。