歯ぎしり

歯ぎしりについて

歯ぎしり

歯ぎしりとは

歯ぎしりとは無意識下で歯をギリギリとすり合わせたり(グラインディング)、ぐーっと噛み締めること(クレンチング)を言います。グラインディングは就寝中、クレンチングは日中が多いです。意外かもしれませんが1日を通して歯が上下接触しているのは20分ほどが普通と言われています。
つまり接触してない状態が安静の状態で、接触しているときは負担がかかっている状態なのです。

歯ぎしりが起こる原因

1番はストレスがあげられます。デスクワークなどを長時間していると無意識下でよく噛みしめていると思います。また飲酒などにより睡眠が浅いと歯ぎしりの原因と言われています。

残念ながら原因に関しては全てが判明されているわけではありません。

歯ぎしりをそのまま放置すると起こる
二次障害について

歯への障害

  • 知覚過敏
  • つめ物かぶせ物が欠ける
  • 目に見えないようなヒビ
    (マイクロクラック)
    とそれによる虫歯
  • 歯の破折

歯の周りの組織への影響

  • 歯ぐきが縮む
  • 骨がなくなっていく
  • 歯肉炎、歯周炎が悪化する
  • 舌の痺れや痛みが出る
  • 顔まわりの筋肉の疲労

顎関節への障害

  • 顎の痛み
  • 顎が開かない
  • 開けるたびに音がなる
  • 顎関節の頭がすり減る

ご自身で歯ぎしりをしているかセルフチェックすることは可能ですか?

歯ぎしりはセルフチェックすることが可能です。 チェックリストに当てはまる方は、歯ぎしりをしている可能性が高いです。気になることがあれば歯科医院へ相談してみましょう。

  • 舌や頬、唇に歯の噛み込んだ跡がある
  • 下の顎の内側にボコボコした骨がある
  • 歯ぐきが縮んでいる
  • 歯の表面側が欠けている(くさび状欠損)
  • 歯がすり減って短くなってきている

歯ぎしり治療について

当院の歯ぎしり治療

歯ぎしりの原因はストレスが大きいところでできるだけストレスを欠けないようにしたり生活習慣が狂わないようにしたりすることが大事ですがストレスを無くすのは現代社会ではなかなか不可能だと思います。

そのため歯ぎしりを無くすという治療は難しく、歯ぎしりをしても歯や顎を守る治療をしていく必要があります。

一番はナイトガード(マウスピース)の使用だと思われます。ナイトガードをつけることにより直接歯と歯が擦れることはなくなり守られます。夜寝ている最中はもちろん日中もデスクワークの時間など噛み込んでしまいそうな時間につけていただくことが重要になります。

歯ぎしり治療の流れ

歯ぎしり

ナイトガードを使用した治療

まず1日目は上の歯の型どりを行うだけです。2日目には出来上がったナイトガードの高さ、締め付け感を調整し、使用方法をお伝えし終了になります。
その後、定期検診で毎回持ってきていただき使用状況を見て調整していきます。ナイトガードには薄いものから厚いもの、柔らかいものから硬いものまで複数種類があります。患者さま一人一人にあったものを選んで作っていきます。

保険診療でできる治療ですが保険のルールとして半年間は新しく作れないので壊れてしまったり割れてしまったりすると自費診療になってしまいますので注意して扱ってみましょう。

東松原歯科 診療内容

患者様のお悩みを解決する
総合診療の東松原歯科

虫⻭治療から⻭を失ってしまったかたへのインプラント、入れ⻭、美しい⻭を実現する審美⻭科(⻭のセラミック)やホワイトニングまで、総合診療を提供しております。

急な痛み、つめ物が取れた・外れた等、お口の中に困りごとがありましたら、お気軽にご相談ください。