悩むのは終わり!歯ぎしりはマウスピースで解決

朝起きた時に顎が痛い、なんだか最近歯が短くなったような気がする…、このような症状はありませんか?
またご家族に、夜うるさい!と言われたことはありませんか?それは歯ぎしりが原因かもしれません。

歯ぎしりは自覚症状が無い場合が多いため、知らずに歯や顎に大きな負担がかかり、様々な症状が出てきます。
放っておくと、歯周病や顎関節症を悪化させるだけでなく、頭痛や肩こりの原因にもなるため、歯科医院での適切な処置が必要です。

なぜ歯ぎしりは起こるのか?

当院の歯ぎしり治療

歯ぎしりの原因は明確になっていませんが、ストレスや、生活習慣、かみ合わせなどが要因になっていると考えられています。

ストレス

もっとも多い原因がストレスです。
日常で感じたストレスを発散できずにため込んでしまうと、身体が無意識に歯ぎしりをしてしまいます。
不安や心配を抱えているだけも心因的なストレスとなり、歯ぎしりとなって表れます。

生活習慣

飲酒や、喫煙の習慣がある方は要注意です。
アルコールやニコチンによって、歯ぎしりがひどくなる場合があります。

かみ合わせ

虫歯の治療や歯が抜けたことで、上下の歯のかみ合わせが悪くなり、その違和感から歯ぎしりをしてしまいます。

噛み合わせ治療について

歯ぎしりがもたらす悪影響とは?

歯ぎしりは口や歯の健康だけでなく、全身に悪影響を及ぼします。

歯・歯ぐき

歯が削れて短くなってしまったり、欠けてしまったりします。ひどい場合だと、しみる症状や痛みが出てきてしまいます。また、歯周病も進行しやすくなります。

顎に長時間強い力が加わるため、顎関節症のリスクが高くなります。

全身

顔の周りの筋肉が疲弊してくると、頭痛や肩こりの原因になります。ひどくなると、腕のしびれや腰痛、全身の倦怠感も出てきてしまいます。

また睡眠時無呼吸症候群との関連も注目されており、心筋梗塞といった重篤な疾患につながりかねません。

歯ぎしりは放っておいても
治りません!

虫歯や、歯周病が自然と治らないのと同じように、歯ぎしりも自然と治ることはありません。
素早く適切に治したいのであれば、歯科医院に受診することをおすすめします。
また、ライフスタイルの見直しをすることも、歯ぎしりの改善に繋がります。

マウスピース

就寝時に着用することで、上下の歯が直接当たらないようにすることができます。装着するだけで歯や顎を守ることができます。
また上下の歯がこすれあうこともないので、不快な音もしなくなります。

ナイトガードに
ついて

かみ合わせの調整

かみ合わせは、一生同じということはなく、虫歯や歯周病によって大きく変わってしまうこともあります。何かのきっかけでかみ合わせが変わって、歯ぎしりをしているのかもしれません。
歯科医院でかみ合わせの調整をすることで、症状が改善する場合もあります。

噛み合わせ治療について

質のよい睡眠

身体をリラックスさせることも大切です。横向きや、うつ伏せなど長時間同じ態勢はよくありません。
できるだけ、仰向けで寝ると良いでしょう。

ストレスを減らす

歯ぎしりの原因の多くはストレスによるものです。環境の変化が大きくなる場合は、特に注意が必要です。
ストレスが溜まっていると、睡眠にも影響が出ます。ご自身にあったストレス解消法を見つけましょう。

マウスピースは
歯ぎしりの救世主!

マウスピースは歯ぎしりに有効な治療法です。
取扱いも簡単ですので、上手く日常に取り入れることをおすすめします。

なお、中にはマウスピースだけでは収まらない方もいらっしゃいます。その場合は、他の方法も併せて検討いたします。

歯科医院で作るマウスピース

歯ぎしり用のマウスピースは、歯科医院で作ることができます。上全体の歯型を採り、1,2週間程で自分の歯にピッタリ合ったマウスピースが出来上がります。
上の歯にマウスピースを入れると気持ちが悪くなってしまう場合は、下の歯に合わせることも可能です。使用中に痛みが出た場合は調整が必要になります。

使用方法

基本的に就寝時に使います。 違和感が強く眠れない場合は、日中2、3時間装着し、慣らしていくことをおすすめします。使用後は、水でよく洗い保存容器で保管をします。

市販のマウスピース

市販のマウスピースは、既製のマウスピースを熱湯で柔らかくして、ご自身で歯に合わせていきます。時間もかからずに安価で作れますが、左右均等にできず、歪んでしまうこともあります。
歪んだマウスピースを使用していると、歯ぎしりの症状が悪化してしまう場合があります。

まとめ

歯ぎしりは知らない間に、歯や顎に大きな負担がかかり続けています。自然に治ることはなく、放っておくと重篤な症状に繋がってしまうかもしれません。原因の多くはストレスだと言われていますが、明確な原因はまだはっきりとわかっていません。

現在は、マウスピースによって歯や顎への負担を減らす方法が最も選ばれています。歯ぎしりでお悩みの方は、一度当院にご相談ください。