根管治療

根管治療が必要な歯の症状

  • 噛むと痛い
  • 冷たいものがしみる
  • 温かいものがしみる
  • 歯ぐきや顔が腫れた
  • 何となく違和感がある
  • 何もしなくてもズキズキする
  • レントゲン撮影で歯の神経に病気がみられる

このような症状がある場合、根管治療が必要になる可能性があります。

痛みの原因と症状について

大きく分けて2つの原因があります。

1:歯の神経に刺激が加わっているとき

むし歯の進行・歯の破折・知覚過敏・かみ合わせ不良等により、歯の神経に刺激が加わっていると痛みがでます。冷たいものがキーンとしみたり、なにもしていなくても痛みがでることもあります。

2:歯の神経の先に膿がたまっているとき

むし歯の進行を放置したり、一度治療をした歯でも神経の穴の先で膿がたまると痛みがでます。膿は細菌の感染が原因です。ズキズキしたり、夜も眠れないほどの痛みになることもあります。

根管治療の具体的な治療内容

歯の根っこ(神経)の中から痛みや腫れの原因である「感染した汚染物」を、取り除く治療です。

針のような道具を使って、感染した汚染物をとりのぞいていきます。
汚れを取り除いた箇所をキレイに清掃・消毒して、お薬で埋めるまでが根管治療です。

歯の神経が残っている場合の
治療方法

歯の神経(歯髄)が残っている場合の治療方法は「抜髄」とよばれます。文字通り「歯の神経を抜く」治療です。

抜髄の流れ

  1. 麻酔をする
  2. 神経の入口まで歯を削る
  3. 針のような道具を使って、歯の神経を
    取り除く
  4. 神経をとった空洞を清掃、消毒する
  5. キレイになるまで繰り返す
    (数回かかることがあります)
  6. キレイになった神経の空洞に最終的なクスリを詰める
  7. レントゲン写真で状態を確認する

その後、歯そのものの修復をおこなっていきます。

根管治療の期間 根管治療の費用

歯の神経が残っていない場合の治療方法

歯の神経が残っていない場合は「感染根管処置」という治療方法になります。

神経の穴の中にたまった感染物を取り除く治療です。症状が強いとき以外は、基本的に麻酔は必要ありません。

感染根管処置の流れ

  1. 神経の入口まで歯を削る
    (かぶせ物がある場合は取り
    外します)
  2. 針のような道具をつかって神経の穴の中の感染物を取り除く
  3. クスリで神経の穴を清掃、消毒する
  4. 根の中がきれいになるまで繰り返す(長期化する場合もあります)
  5. 清潔になった神経の穴に最終的な
    クスリを詰める
  6. レントゲン写真で状態を確認する

その後、歯そのものの修復をおこなっていきます。

根管治療を中断、根管治療をしなかった場合におこる症状

根管治療を中断したり放置していると、歯の神経の穴の中で細菌の感染がおこるだけなく、歯そのものも弱くなってしまいます。
その結果、痛みがでる・腫れる・歯が折れるといった症状が起こりやすくなります。

抜歯しなければならないケース

次のようなケースでは抜歯の可能性があります。

  • 歯が破折している
  • 膿がたまりすぎている
  • むし歯がかなり進行している
  • 歯周病がかなり進行している

当院の痛みに対する配慮

炎症が強く出ている際に無理に治療をすると痛みや腫れが更に強くなることがあるためそのような場合では炎症を抑え痛みが出なくなるよう配慮しながら行なっていきます。
当院では、麻酔で使用する針を35Gという認可されている中で最も細い針を使用しています。また表面麻酔を塗ることで、針を刺す際の痛みを軽減できます。麻酔液を注入する速度が調節できる電動麻酔器を使用しているため、注入時の痛みも軽減されます。

ラバーダムとは

予防歯科

ラバーダムについて

ラバーダムは虫歯や神経の治療をする時にゴム製のシートを使用して、治療をする歯とそれ以外の歯や舌、唾液などを隔離する際に使用する歯科の治療で使用する道具の1つです。
治療する部分に、多くの細菌が含まれている唾液が触れないようにして感染症を引き起こさないようにします。

ラバーダムが必要な理由

唾液の中には数十憶も細菌がいるといわれていて、根の治療中に唾液が入り込むと感染する恐れがあります。ラバーダムを使用することで細菌感染の予防ができるので、神経を取った後の根の治療の成功率が上がって再発のリスクを減らすことができます。また、シートで覆われているので、舌や頬を傷つける心配がなく、かぶせ物を誤飲する心配もありません。

ラバーダムを用いる治療

予防歯科

1.歯の根の治療

ラバーダムが効果的なのは歯の根の治療です。なぜかというと、歯の根の治療が成功しない原因の1つとして、細菌の感染があるからです。

ラバーダムを使用すると、唾液の侵入を防いで細菌感染を防ぐことができるので根の治療の成功率が上がります。

根管治療の成功率

2.歯のかぶせ物の治療

歯のかぶせ物がしっかり接着するためには、唾液に触れず接着することが大切です。
上手く接着しないと、歯とかぶせ物の間に隙間ができてしまい、その部分から虫歯になるリスクが高くなります。そのため、ラバーダムで唾液が入らない環境を作ってしっかり接着するようにします。

虫歯とラバーダム

虫歯治療は細菌感染して虫歯になった部分をすべて除去する必要があります。
その後、細菌がいない清潔な状態でつめ物やかぶせ物をすることで治療後に長く使用できます。そのため、多くの細菌を含む唾液をシャットアウトができるラバーダム防湿はメリットが多い治療方法です。

ラバーダムが苦しいわけ

シートの横から呼吸はできますが、鼻呼吸が必要になります。
そのため鼻が詰まっている方だと呼吸がしにくい場合があるため、相談しながら治療をすることになります。

見た目は苦しそうに見えますが、実際つけてみるとそれほど苦しくなかったという方が多いです。

ラバーダムは上の歯、下の歯両方必要?

ラバーダムは多くの細菌を含む唾液を排除することが目的なので、下の歯は特に必要になります。上の歯も寝た状態で行うので、唾液が着く可能性があり、ラバーダムを使用すると感染予防に効果的です。かぶせ物の誤飲を防ぐ目的でもラバーダムは上下の歯で行うと安心です。

よくある質問

よくある質問

Q1.使用している機器について教えて
ください。

  • ステンレス製の手用ファイル
  • ニッケルチタンファイル
  • Wave-one(ニッケルチタン専用の機械)
  • EQV(根管充填をする機械)
  • マイクロスコープ

Q2.マイクロスコープの必要性は
なんですか?

マイクロスコープを使用すると視野が拡大するため、細かいところまで見ることができます。

歯の神経の穴はとても狭く、曲がっているため肉眼では限界があります。マイクロスコープを使って治療することで、感染物の取り残しや必要以上の削りすぎなどを防ぐことができます。

根管治療だけでなく、むし歯の治療や歯石の除去などにもマイクロスコープは有効です。

Q3.ラバーダムとはなんですか?

治療する歯以外をゴム製のシートで覆ってしまう、歯科で使う道具のひとつです。

治療する歯とそれ以外のお口の中を隔離する効果があります。これにより、治療する歯だけを露出させることができます。

ゴムアレルギーのある人、鼻呼吸が難しい場合には使用できません。

Q4.ラバーダム利用することによってどのような効果がありますか?

ラバーダムを利用すると、治療している歯に唾液(つば)が入りません。唾液が根に入り込んでしまうと、唾液の中に含まれる細菌が悪さをして痛みを引き起こすことがあります。そのため、ラバーダムを利用して治療している歯に唾液をいれないということは「治療している歯に細菌を侵入させない」ということにつながります。また、口の中への器具の落下を防ぐ効果もあります。口の中は思った以上に細菌まみれです。ラバーダムの利用は根管治療において重要な道具です。

Q5.感染症の予防など、衛生面で気をつけている点を教えてください。

基本的な器具に関しては滅菌も行い、使い捨て出来るものは使い捨てています。一人一人の患者様に滅菌した状態の密封された器具で治療していますのでご安心ください。

チェアーなどに関しては患者様一人ごとに次亜塩素酸で消毒をし『バリアフィルム』と呼ばれるというシートを毎回変えていますのでご安心ください。

Q6.他院で治療途中でも相談・治療は
可能ですか?

もちろん可能です。今までの治療の流れを問診し検査し、しっかりと治療していきますのでご気軽にご相談ください。また、治療が難しい場合は当院から専門医の先生を紹介することもあります。

東松原歯科 診療内容

患者様のお悩みを解決する
総合診療の東松原歯科

虫⻭治療から⻭を失ってしまったかたへのインプラント、入れ⻭、美しい⻭を実現する審美⻭科(⻭のセラミック)やホワイトニングまで、総合診療を提供しております。

急な痛み、つめ物が取れた・外れた等、お口の中に困りごとがありましたら、お気軽にご相談ください。