クリーニングで
歯は白くなる?

質問

  • 歯のクリーニングをしたら、歯は白く
    なりますか?
  • 歯医者さんでしてもらうクリーニングは多少歯が白くなりますか?
  • 私はホワイトニングサロンに通っていたのですが、妊娠してから通えなくなってしまい、黄ばみがかなり気になる状態になり悩んでいます。
  • どうにかホワイトニングをしたいのですがとにかくダメなようなので、市販の歯磨き粉を試しましたが案の定全然効果ありません。
  • 歯医者さんのクリーニングは効果
    ありますか?

クリーニングで歯は
白くなるの?

歯のクリーニングは保険(SC.SRP)と自費のクリーニング(PMTC)があり保険のクリーニングは主に歯石取りになります。歯の周りについている歯石を取ることにより歯や歯茎を健康に保つために行われます。
自費のクリーニングは着色取りやトリートメントが行われます。タバコのヤニや赤ワイン、コーヒー、カレー、茶渋など外来色素を落とすことができるため本来の歯の色にすることができます。しかし着色取りにより歯は本来の色を取り戻しますが歯自体が白くなったわけではありません。

保険のクリーニング

保険でできる内容は治療というカテゴリーに含まれるため歯石取りしか行う事は出来ません。着色取りなどは治療には入らないからです。

Before

After

基本情報

現在の治療費と異なるとこがございます。最新の治療費は料金表をご確認ください。
年齢・性別 70歳・男性
主訴 虫歯治療、定期検診
治療内容 スケーリング
治療期間 60分
治療費 1,500円(保険診療)
リスク・副作用 知覚過敏、出血
治療方針 今回は歯肉縁上歯石を除去しました。今後はSRPを行い、定期的にクリーニングをしていきます。
担当者所見 歯石を除去して歯根面が露出したことにより、知覚過敏が起こりやすいことをお話ししました。再びプラークや歯石がつかないようにセルフケアの重要性をお伝えしました。

歯のクリーニング

保険のクリーニングの流れ

  1. 歯周基本検査
  2. スケーリング
    (歯茎の上についている歯石取り)
  3. 歯周基本検査(再評価)
  4. SRP(歯茎の下についている
    歯石取り)

歯石取りは全部の歯をいっぺんに歯茎の上から下まで行う事は出来ません。

クリーニングの
症例

自費のクリーニング

自費治療は自由な診療なので着色取りやトリートメントなどを行うことができます。当院ではPMTCという
クリーニングが自費クリーニングになります。

自費のクリーニングの流れ

  1. 着色取り
  2. トリートメント
  3. フロス、歯間ブラシなど補助器具を使用したクリーニング
  4. フッ素塗布(必要に応じて)
クリーニングの
症例

ホワイトニングって何?

歯のホワイトニングは現在ではかなり普及されホワイトニングサロンなどがあるくらいです。歯のホワイトニングはそのままの通りですが歯を白くすることです。ホワイトニングはオフィスホワイトニングとホームホワイトニングの二種類がありどちらも歯を白くするのですが少し効果などが異なってきます。

歯のホワイト
ニング

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは歯科医院やサロンなどで専用の器具を使い行うホワイトニングになります。特徴としては即効性があり比較的短期間で歯を白くすることができます。

しかし後戻りが早く継続して行わないと元の色に戻ってしまいます。また、回数制限があり複数回行った後は期間を空けないといけません。

Before

After

基本情報

現在の治療費と異なるとこがございます。最新の治療費は料金表をご確認ください。
年齢・性別 28歳 女性
主訴 前歯を綺麗にしたい
治療内容 ジルコニアボンド
オフィスホワイトニング
治療費 仮歯(テック) 5,500円
ジルコニアボンド 165,000円
オフィスホワイトニング 2,750円×6回
合計 170,500円
治療期間 1ヶ月
リスク・副作用 噛む力が強い方の場合、クラウンが欠けてしまうことがあるので、就寝時にマウスピースを装着していただく必要があります。
オフィスホワイトニングでは、ホワイトスポットや知覚過敏が起こる可能性があります。
治療方針 仮歯を装着し、ホワイトニングで白くなった色味に合わせてジルコニアボンドを作成し、試適、確認をしてから装着しました。
治療後はホワイトニングとジルコニアボンドクラウンにより審美性を獲得できましたが、ホワイトニング後の後戻りが起こる可能性があるため、定期的にホームホワイトニングを行っていただきます。
オフィスホワイトニング

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングはご自身の歯型に合ったマウスピースを作りその中にジェルを入れてはめるお家でできるホワイトニングになります。即効性はあまりないですが持続性に優れているためある程度の白さをキープすることができます。
また濃度も選ぶことができます。しかしついサボってしまうという方も多くそのような方はオフィスホワイトニングの方がオススメかもしれません。

ホームホワイト
ニング

ホワイトニングのワンポイント

歯を白く長く保ちたい!と思う方が多いと思います。ポイントとしてはまずオフィスホワイトニングで歯を一気に白くし、ホームホワイトニングで定着させることです。どちらもやることが長く白さをキープできるポイントになります。
知覚過敏でホワイトニングしたいけどしみるのが怖いという方も多いです。確かにホワイトニングは術後しみてしまいます。しかし軽減するポイントもあります。

ホワイトニング1週間前あたりからペースト材(MIペースト)をマウスピースに入れて過ごしていただきホワイトニング後は知覚過敏用の歯磨き粉に切り替えることです。もちろん効果は人により差異はありますがホワイトニングをどうしてもやりたいという方にはオススメです。
また、詰め物はホワイトニングでは白くならないのでお気をつけください。

ホワイトニングの注意点

妊娠中にホワイトニングは
できるの?

妊娠中は栄養がお母さんから子供に伝わるように様々な薬剤なども子供に伝わってしまいます。ホワイトニング製剤である過酸化水素や過酸化尿素は胎児への悪影響があると言われているわけではありませんが解明されていない部分でもありお勧めできません。また、授乳中も同じ理由によりお勧めできません。離乳が終わってからホワイトニングに時間をかけることがいいと思われます。

ホワイトニングの安全性

妊娠中は歯科治療受けれるの?

妊娠時期は初期(1~4ヶ月)、中期(5~7ヶ月)、後期(8~10ヶ月)に分けられますが初期と後期は応急処置以外の治療はお勧めしません。虫歯治療などは中期に行いましょう。基本的には麻酔やレントゲンなどは大丈夫と言われていますが心配な方はそちらも控えた方がいいかと思います。

妊娠中はつわりやホルモンバランスなどによりお口の中の環境が悪くなりやすく虫歯や歯周病になりやすいと言われています。妊娠中気になったら一度歯科検診を受けることをお勧めします。